« 「北海道さいはての絶景と食の競演4日間」(1) | トップページ | 「北海道さいはての絶景と食の競演4日間」(3) »

2016年10月21日 (金)

「北海道さいはての絶景と食の競演4日間」(2)


第2日目 猿払-クッチャロ湖-能取岬-オシンコシンの滝-知床ウトロ温泉

Img_3306_3Img_3308_2Img_3316 翌日は、稚内から約400km離れた知床までオホーツク海沿岸を行くので、早朝7時10分に出発した。最初は稚内から網走まで海岸線を走るオホーツクラインと呼ばれる国道238号線では無く、山間部を縦断して猿払村に入りオホーツク海沿岸の道の駅「さるふつ公園」に出る。途中は牧草地帯が続き、牛が草を食む光景が続く。(写真はドーミーインホテルと専用観光バス、牧牛のいる風景2景)

Img_3315_2Img_3317Img_3319  猿払村は稚内市のオホーツク海側にある北海道一面積の大きい村である。この村は漁業と酪農が盛んだが特にホタテは養殖が軌道に乗り、その漁獲量は日本一である。道の駅「さるふつ公園」で一休みしクッチャロ湖に向かう。沿線は相変わらず牧草地と牧舎の風景が続いている。(写真は道の駅「さるふつ公園」2景、牧草地と牧舎の風景)

Img_3323_2Img_3324_2 クッチャロ湖は猿払村の隣の浜頓別町にある白鳥の飛来で有名な湖で毎年2万羽位飛来するそうである。今年はまだ少なく近くには2羽しか居なかったが、近くにある水鳥観察館にある望遠鏡で覗いたら湖の先の方に100羽ほど見えた。クッチャロ湖は日本最北のラムサール条約湿地帯でもある。(写真はクッチャロ湖2景)

Img_3330_2Img_3329Img_3328_3 さらにオホーツク海沿いに南下し御幸(みさき)町を経て雄武(おうむ)町に入る。ここには日の出岬という流氷を眺められる場所があり、ガラス張りの展望台が設置され、暖かい場所で見られるようになっている。その近くにある「ホテル日の出岬」でホタテの刺身、ホタテ御飯、ホタテ汁、ホタテの唐揚げ、ホタテフライなどホタテづくしの「ホタテ御膳」という昼食を食べた。(写真は岬突端にあるガラス張りの展望台[左側]、ホテル日の出岬の入口付近、「ホタテ御膳」)

 

 Img_3333_2Img_3340 さらに南下し、興部(おこっぺ)町、紋別市、湧別町を過ぎ、佐呂間町の道の駅「サロマ湖」で小休止する。道の駅からは木々に遮られてサロマ湖は見えないのが残念だ。サロマ湖は琵琶湖、霞ヶ浦に次いで日本第3番目の大きい湖である。海水と淡水が入り混じる汽水湖では最大の湖である。ホタテやカキの養殖が盛んであり、道の駅ではホタテの浜焼きが名物になっていて人が集まっていた。(写真はサロマ湖の一部、道の駅「サロマ湖」)

Img_3346 サロマ湖を過ぎると網走市に入り、能取湖(のとろこ)を見ながら走る。この湖は日本最大のサンゴ草(アッケシソウ)の群落があり、9月中・下旬には真っ赤に色付くことで有名である。しかし今回は能取岬に直行して能取湖には立ち寄らないとのことで、車窓から撮るだけになってしまった。既に赤茶色になってしまっており、10月では少し遅いのかもしれない。(写真は能取湖のサンゴ草)

Img_3350Img_3352 国道238号線を離れて能取湖畔から能取岬に行く通称「美岬ライン」と呼ばれる道道(北海道なので県道では無い)76号線を行く。美岬トンネルを過ぎると草原があり牛がたくさん居た。能取岬には灯台があるだけで他に家や店は無く、風がびゅうびゅう吹いていた。オホーツク海などを少し写しただけで早々に引き揚げた。ここにも流氷が来るので、冬は流氷見物の特等席になるそうである。(写真は能取岬灯台、能取岬下の断崖)

Img_3355Img_3357_2 オホーツクラインと呼ばれる国道238号線は網走までで、網走からは野付街道という国道244号線になり、網走と釧路を結ぶJR釧網本線と並行してオホーツク海岸すれすれに線路と道路が続いて行く。特にJRの北浜駅は無人駅だが波打ち際まで20mしか無く、流氷が見られる駅として展望台が備えられている。またいろいろな映画やドラマのロケに使われており、駅舎を使用したレストランが人気である。冬期の流氷観測期だけ網走駅と知床斜里駅間を走る「オホーツク流氷ノロッコ号」は北浜駅で10分間停車し流氷が見られるようになっているそうである。(写真は北浜駅の一部2景)

Img_3361 北浜駅の次に原生花園駅がある。オホーツク海と白鳥等の野鳥が飛来することで知られた濤沸湖の間に挟まれた約8kmの細長い小清水原生花園へのアクセス専用駅で、5月から10月まで営業する駅である。小清水原生花園ではエゾスカシユリ、エゾキスゲ、ハマナスなど約40種類の花が咲き乱れ6月から8月にかけて色とりどりの天然の花畑が楽しめるそうである。両駅ともバスの車窓からの写真であまり良く撮れなかった。(写真は原生花園駅の一部)

Img_3364Img_3365Img_3369 斜里町から国道244号線と別れて知床半島に向かう。知床ウトロ温泉に向かう途中オシンコシンの滝を見る。流れが2本になっていることから「双美の滝」ともいわれるという。水量は多く、国道から近いので良く知られている。滝の水は直ぐ下のオホーツク海にそそいでいる。写真はオシンコシンの滝2景、滝の水がオホーツク海に流れ込むところ)

Img_3373 今夜の宿は知床ウトロ温泉「ホテル知床」である。食事は「ズワイガニの足食べ放題バイキング」だったがズワイガニ以外にも北海道の名産が多く出たため、カニの足は2本しか食べられなかった。(写真はバイキングの食事)

 今日走ったオホーツク沿岸は大きな観光地も無く、丘陵や牧草地が連なる地域で、オホーツクラインと呼ばれる国道238号線は、対向車も一時間に数台しかなく、人口も少なく
人家も殆ど無い、北海道の中でも一番最後に開かれた地域である。冬になると流氷が押し寄せ、雪の中で暮らす北限の地であるとの感慨を感じさせる一日だった。

 (以下次号)

 (写真をクリックすると大きくなります)

« 「北海道さいはての絶景と食の競演4日間」(1) | トップページ | 「北海道さいはての絶景と食の競演4日間」(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/242967/68019973

この記事へのトラックバック一覧です: 「北海道さいはての絶景と食の競演4日間」(2):

« 「北海道さいはての絶景と食の競演4日間」(1) | トップページ | 「北海道さいはての絶景と食の競演4日間」(3) »

折に触れて(コラム)

カテゴリー

  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 趣味

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ