« 平成28年水戸市六地蔵寺のしだれ桜 | トップページ | 満州国演義(全9巻)を読んで »

2016年4月18日 (月)

国営ひたち海浜公園でネモフィラを見る

 平成28年(2016)4月15日(金)水戸市の自宅から20分ほどの距離にある国営ひたち海浜公園のネモフィラを見に行った。

 国営ひたち海浜公園では四季を通していろいろな花が見られ、特にみはらしの丘をライトブルーの花で覆いつくす「春のネモフィラ」と「真っ赤に染め上げる秋のコキア」は日本一といわれている。

 殊にネモフィラは「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」の一つとして選ばれたということで人気が高まり、満開時の土日は4,350台の駐車場が一杯になってしまうらしい。

 茨城に住んですぐ近くにある場所なので、一度は行ってみようと金曜日の朝、開園時間の9時30分に間に合うように出かけた。

 国営ひたち海浜公園では「春のフラワリング」としてスイセン、チューリップ、ネモフィラが次々と開花していくフラワーリレーとして「スイセンファンタジー」「チューリップワールド」「ネモフィラハーモニー」と銘うって周遊できるようにしてあった。

 当日は晴天に恵まれ、スイセン、ネモフィラ、チューリップの順路に従って巡って来たので、その内容をYou Tube で紹介する。

« 平成28年水戸市六地蔵寺のしだれ桜 | トップページ | 満州国演義(全9巻)を読んで »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国営ひたち海浜公園でネモフィラを見る:

« 平成28年水戸市六地蔵寺のしだれ桜 | トップページ | 満州国演義(全9巻)を読んで »

折に触れて(コラム)

カテゴリー

  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 趣味

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ